攻略のコツ

現役学生YouTuberの挑戦 動画を使った就活サービス事業設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イチノーン
 「攻略のコツ」はクラファンに挑戦された方に攻略法をインタビューし、次の挑戦の背中を押すべく皆さんにお伝えする企画です!

 

今回は、

就活生のための動画就活サービスを立ち上げ、学生の将来の選択肢を広げたい!

のプロジェクトに挑戦された、大学生YouTuberのしゅんダイアリーのふくだしゅんさんにお話を伺いました。

プロジェクト説明

金沢大学3年生であるふくださんは、大学2年生のはじめ頃からYouTube投稿を始めました。

自分の動画が「挑戦のきっかけ」になって欲しいという思いで、24時間365日をYouTube活動に捧げていらっしゃいます。

そんなふくださんの夢は「社会に対してインパクトを与え続ける表現者になること」。

今ではチャンネル登録者数が1万人を超える人気YouTuberとなりました。

ふくださんは企画の一部として「社長インタビュー」「企業にインターン」をされています。

それは、ご自身も就職を控える学生であることから、企業のHPや既存の就活サービスを閲覧しても、企業の「雰囲気」や「様子」が分かりにくいと感じたことがきっかけでした。

社長にインタビューをしたり、企業にインターンをするような動画を配信することで、文章や写真では伝わらない会社の「なま」の様子を伝えることができる。

そう考え、様々な企業に関する発信を学生視点でされてきました。

そして、多くの学生に注目されるようになり、チャンネル登録者数も増える中で、コンテンツに確かな需要があると感じたふくださんは、動画の発信を組み合わせた就活サービス事業の設立を決意されます。

独自のドメインを作り、そこで動画を一覧でき、面接・インターンへの参加や就職にまで繋げる一連のサービスです。

会社設立にあたり、当初はベンチャーキャピタルからの出資を考えていましたが、先輩起業家にアドバイスをもらい、持ち株100%で起業できる方法を考えることにしました。

そこで初期投資不要で資金調達ができるクラウドファンディングを使うことにしました。

結果は目標金額を大きく上回り、

●調達金額 1,178,500円(目標金額500,000円)

●達成率 235%

●支援者数 53人

となりました。

クラファンスケジュール

まずは、ふくださんがプロジェクトをどのように進められたか時系列で見てみましょう。

2018-10-08
北陸リアルクラウドファンディングに登壇しPR
2018-10-17
10万円サポーター枠の支援が1つ確定する
2018-10-24
クラファン開始
2018-11-25
クラファン終了
2018-11-26
リターン作業スタート

準備期間中から会う人会う人に事業構想やクラファン挑戦について話し、支援をお願いしていたそうです。

特に高額リターンは直接話すことで熱意が伝わり支援に繋がることが多いので、あらかじめ支援してくれそうな方に連絡をしておくといいと思います。

ただその限りではなく、ふくださんの場合は、準備期間に一度だけ発信したYouTube投稿を見た方が連絡をくださり10万円の高額支援枠が確定したそうです。

プロジェクト内容にしっかり共感してもらうことができれば、そのような支援者さんも現れるのだなと、僕自身再認識しました。

攻略ポイント

ふくださんにクラファン成功の鍵となる攻略ポイントを伺いました。

①「足を使う」ことから外れない

ふくださん
普段の活動で使っているYouTubeやSNSで無差別に支援を募ることはほとんどしませんでした。信用があってはじめてお金のお話ができると思ったからです。あくまで直接会った人にやりたいことを伝えた上で、応援の形で資金をクラファンを通じて頂くという順番を大切にしました。その結果、平均の一人あたり支援金額が大きくなりました。

②事業に関連するリターンを設定し返礼作業を効率化する

ふくださん
会社の立ち上げ資金を集めるクラファンでしたので、プロジェクト期間終了後はすぐ起業準備が始まります。返礼作業に大きな労力が必要なリターン設定をすると事業を圧迫してしまうと考え、効率化できるよう、返礼作業がそのまま事業に関わるようなリターンを設定しました。

③人との繋がりを大切にする

ふくださん
人との繋がりを大切にし、たくさんの紹介を頂きました。また、学生×YouTubeという珍しさから話題にしてもらえる機会が多かったのか、口コミで広めていただいたのがありがたかったです。

クラファンを通して

最後に、クラファンに挑戦されて感じたことを伺いました。

ふくださん
僕がクラファンに挑戦するのは今回が3回目でした。1、2回目は熱量が足りませんでしたし、知り合いもあまりいませんでした。今回は社会的に意義がある内容だと覚悟を持つことができ、絶対に成功させるという思いがあったので大成功することができたと感じています。

ふくださんは支援金を資本金に2019年1月に「株式会社Diary」を設立されるとのことです。

今後のご活躍が楽しみです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*