新プロジェクト情報

持続可能な事業を目指して 中小企業のためのSDGsの実践的な書籍を作る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イチノーン
「新プロジェクト情報」では僕がサポートさせていただいているプロジェクトをご紹介します!

 

金沢青年会議所に所属しSDGsの推進活動に力を入れている河上伸之輔さんのプロジェクト、

中小企業のためのSDGsの実践的な書籍を作りたい

のご紹介です。

 

 

SDGsはご存知ですか?

Sustainable Development Goals(サステイナブル デベロップメント ゴールズ)の略で、日本語にすると「持続可能な開発目標」といいます。

SDGsは2015年9月に国連サミットで採択され、2030年までに世界が達成するべき17のゴールが定められています。

 

▲SDG17のゴール

 

世界中で大きな流れとなっているSDGs。

日本でもSDGsが自治体や大企業などで広まっていますが、中小企業にこそチャンスがあると、河上さんは語ります。

 

河上さんはSDGsを事業に取り入れることにより、中小企業にとって次のようなメリットがあると挙げられています。

・従業員さんは自社の事業が社会に貢献していることがわかり、モチベーションが高まり、仕事を誇りに思います。

・優秀な人たちが、事業に関わりたいと集まってきます。

・上場企業、大企業から直接的または間接的に依頼がきます。

・消費者に価値が伝わると価格競争に巻き込まれずに商品やサービスを提供できます。

・取引先や消費者が口コミで商品やサービスを広めてくれます。

・経営者も自分の情熱をかけて働くことができます。

 

このクラウドファンディングでは、中小企業向けの実践的なSDGsの書籍を2019年8月頃に出版するのに先駆け、多くの方の「早く知りたい」というご要望にお応えして、支援者限定で書籍のサマリー版を提供しています。

 

この書籍出版のプロジェクトは、第1回ジャパンSDGsアワードにおいて内閣官房長官賞を受賞された金沢工業大学のSDGs推進センター長 平本督太郎先生、同じく金沢工業大学の北川達也先生、平本ゼミの学生達と河上さんで進められています。

 

このプロジェクトを通して、いち早くSDGsへの理解を深め活用できるチャンスを手に入れてください。

 

プロジェクトページをぜひご覧ください!

クラファン期間は2019年4月7日まで!

プロジェクトページはこちら→中小企業のためのSDGsの実践的な書籍を作りたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*